激安単価で アルインコ 特定小電力トランシーバー DJ-P300 複信 トランシーバー
激安単価で アルインコ 特定小電力トランシーバー DJ-P300 複信 トランシーバー
alinco/dj-p300-8832-euS
19,058円 34,650円
DJ-P300(アルインコ) 複信 特定小電力トランシーバー トリプレックス-田中電気マーケット, 複信 特定小電力トランシーバー DJ-P300(愛称:トリプレックス , 複信 特定小電力トランシーバー DJ-P300(愛称:トリプレックス , 20ch 防沫型 特定小電力トランシーバー DJ-PB20シリーズ|特定小電力 , アルインコトランシーバー・DJ-P300、2者、3者同時通話 , DJ-P300 ALINCO アルインコ3者同時通話対応 特定小電力トランシーバー , こんなに小さくても、本格的な業務用トランシーバーです

コントローラーやミキサー、親機などと呼ばれる作業用連絡無線(複数同時通話)の外付け装置は不要!
アナログトランシーバーだけで3人同時連続通話(1mWローパワー)ができる業界初、特許取得のシステム。

一度行った設定を記憶させ、以後の煩わしいボタン操作を省略できる12chのメモリー。
別売の12V/24V対応DCケーブル(EDH-33)を使えば外部電源端子で運用できるほか、Li-Ionバッテリーパックを直接充電可能。
2者間同時通話には、1度ペアリングするだけで、電源を入れなおしても自動で空きチャンネルを見つけて通話設定してくれる「フリーチャンネルサーチ」機能を搭載。
交互通話時、2系統の通信がすぐできるデュアルオペレーションに対応。
交互通話や2者間同時通話で使える「短縮モード」で通常2秒のタイムアウト時間を0.5秒に短縮して10mW送信が可能。
テールノイズキャンセル、着信ベル、エンドピー、バッテリーセーブや自動オフ、PTTホールド、
選べる着信音など交互通話時に便利な機能や、マイクゲイン調整、秘話周波数設定など管理者用のメニューも充実。
別売のDJ-R200DLを専用ケーブルで2台組み合わせて作る2者間同時通話中継器の子機としても動作。

·コントローラー無しで3者同時通話、特小無線では業界初!
·IP67相当の耐塵、防浸
·手に入れやすい単三アルカリ乾電池2本でも長時間駆動
·420〜440MHz帯特小無線で、2.4GHz帯の同時通話無線機より広いカバーエリア
·タフなポリカーボネート製ボディと高性能ロングアンテナ

【一般仕様】

周波数範囲:421〜440MHzの特小トランシーバー用周波数
チャンネル数:47ch(単信20ch/半複信27ch)
電波型式:F3E(FM)/F1D(中継器リモコン)
使用温度範囲:本体-10℃〜+50℃/充電器0℃〜+40℃
定格電圧:DC 3.0〜3.7V(電池端子)
外部電源端子:DC5.0〜6.0V(ジャック EIAJ区分2)
消費電流:定格出力時 最大約160mA(50mW音声出力時)
消費電流/バッテリーセーブ時(平均):約20mA
消費電流:送信 約70mA(1mW時 約65mA)
マイクロフォンインピーダンス:約2kΩ
外形寸法(突起物除く):幅55.0×高さ98.8×厚み29.3(最薄部24.0)mm
アンテナ長(mm/約):163.5mm
重量(質量·約)/電池、クリップ含まず:120g
重量(質量·約)/電池、クリップ含む:170g
送信出力:10mW(連続通話は1mW)
受信方式:ダイレクト·コンバージョン
受信感度:-14dBμ以下(12dB SINAD)
低周波出力:内蔵スピーカー最大 400mW以上(8Ω)/外部出力80mW以上


【標準付属品】

·ベルトクリップ(EBC-43)
·ハンドストラップ

【イヤホンコネクター形状:ねじ込みプラグ】
用途に合ったイヤホンマイクをお選びください!!





※プラグ変換ケーブル「EDS-14」を使えば2ピンプラグのイヤホンマイクもご利用頂けます。
 「EDS-14」を使用時は防水になりませんのでご注意ください。

DJ-P300(アルインコ) 複信 特定小電力トランシーバー トリプレックス-田中電気マーケット
複信 特定小電力トランシーバー DJ-P300(愛称:トリプレックス
複信 特定小電力トランシーバー DJ-P300(愛称:トリプレックス
20ch 防沫型 特定小電力トランシーバー DJ-PB20シリーズ|特定小電力
アルインコトランシーバー・DJ-P300、2者、3者同時通話
DJ-P300 ALINCO アルインコ3者同時通話対応 特定小電力トランシーバー
こんなに小さくても、本格的な業務用トランシーバーです

オフィスソフト使いこなし(第64回)

エクセルの3Dマップで見栄えする地図グラフを作ろう

posted by 山田 尚明

 テレビの天気予報などで、地図に地域別の雨量を立体的な棒グラフで表した地図グラフを見たことがある人は多いでしょう。各地の降雨量がビジュアル化され、ひと目でわかりやすいのが特徴です。ほかにも都道府県別の人口分布図など、さまざまな場面で地図グラフが使われています。

 エクセルでは2016から、地図に立体的なグラフを表示させる機能「3Dマップ」が追加されました。プレゼンテーションや会議で活用すれば、数字を追いかける説明よりも納得度が高い資料となるでしょう。

地域データを地図上にグラフで表す

 3Dマップを作成するには、まずデータ内に市町村、都道府県、郵便番号、国、地域、経度・緯度といった地理情報が含まれている必要があります。本記事では、下図のように「商品A」と「商品B」の都道府県別売上個数データをサンプルとします。

 まずは[挿入]タブの[ツアー]グループにある[3Dマップ]をクリックします。「データ分析アドインをオンにします」というダイアログボックスが表示された場合は[有効]を選択してください。

 [レイヤーウィンドウ]に地図が表示され、データの存在する地域に印が付いています。印が正しい地域に付いていない場合は、印を選択して[レイヤーウィンドウ]右側にあるドロップボックスの[場所]の項目を調整して、修正します。

 ドロップボックスにある[高さ]の[+フィールドの追加]をクリックすると、グラフ表示するデータが選択できます。まずは[商品A]を選択してみましょう。

 商品Aの売上個数が、地図上に立体的な青色の棒グラフとして表示されました。同様の手順で、商品Bのデータも[+フィールドの追加]で追加すると、商品Bの売上個数が橙色の棒グラフとして地図上に表示されます。

 俯瞰からの視点では棒グラフの差が見えにくい場合、地図の右下にある矢印ボタンで視点の角度調整を行いましょう。[下に傾ける]をクリックすると俯瞰から水平へと視点を変更することができます。また、視点角度の調整ボタンの下にある[拡大][縮小]をクリックすることで、地図の尺度を調整することも可能です。

激安単価で アルインコ 特定小電力トランシーバー DJ-P300 複信 トランシーバー

 3Dマップには、地図をより見やすくする[テーマ]という機能があります。

 3Dマップで最初に表示される地図は白地図ですが、[シーン]グループにある[テーマ]をクリックすると、「地上」「海」などのように部分ごとに彩色を設定できます。

 上図では航空写真風に彩色しましたが、モノクロなどさまざま種類の彩色が行えます。

激安単価で アルインコ 特定小電力トランシーバー DJ-P300 複信 トランシーバー

 次に、都道府県名や市町村名などの地名を表示させることもできます。[マップ]グループにある[マップラベル]をクリックすると、地名が表示されます。

 地名が表示されましたが、グラフを俯瞰の視点にしているので、地名が読み取りにくい状態です。地図も立体的に丸みを帯びているため、奥(北)側や、他の棒グラフの影になっているところは地名が読み取りにくくなっています。

 そんなときは、リボンの[マップ]グループにある[平面マップ]をクリックしてください。平面の地図へと切り替えることができます。視点を微調節することで、より見やすくなるでしょう。

 3Dマップは、視点変更や彩色に加え、地名表示も行えます。今回は全国地図を使いましたが、下図のように地図を拡大すれば幹線道路や鉄道も表示できます。ぜひ活用してください。

※掲載している情報は、記事執筆時点()のものです。

激安単価で アルインコ 特定小電力トランシーバー DJ-P300 複信 トランシーバー

山田 尚明

大学院卒業後、メーカの営業企画部署にて5年半、カタログ・Web制作や展示会の運営などのプロモーションに携わる。その後IT企業にて1年半インターネット広告の運用を担当。現在はフリーランスとしてIT、ビジネス、健康、金融、ニュースなどさまざまなジャンルの記事を執筆するとともに、Webサイトの制作やコンテンツマーケティング、インターネット広告の運用などの業務を行う。

激安単価で アルインコ 特定小電力トランシーバー DJ-P300 複信 トランシーバー

IRS.KW.GOV.NG RSS